夢の注文住宅大成功までの道のり

形は土地によって異なる

形は土地によって異なる

形は土地によって異なる 注文住宅は間取りや設備、外観などに施主の好みを反映させることのできる自由な設計が魅力ですが、もちろん制約もあります。
その最大のものは予算上の制約ですが、他にも法律や条例の制限にも注意が必要です。

また、言うまでもないことですが住宅の形状は土地によっても制限を受けます。
仮に直径が20メートルという真ん丸な床の家を建てようと思っても、用地の奥行きが20メートル未満であれば実現は不可能です。
さらに、日差しを室内にたくさん入れるため南向きに大きな窓を取りつけたくても、南側に高い崖がそびえていたりしたらそのアイデアは生かせません。

ただ、注文住宅の魅力が自由さにあることを考えれば、むしろそうした土地の形状に合わせた設計を行うことで、個性あふれる住環境を実現することも可能です。
たとえば傾斜のある場所であれば、わざわざ費用をかけて平らに造成するのもいいですが、傾斜をそのまま生かして半地下構造の家を建てるといった工夫ができます。

注文住宅を建てる際は耐震性を高める工夫を凝らす

注文住宅を建てる際は耐震性を高める工夫を凝らす 注文住宅の長所は、工法や建築に使う材料などを細かく指定する事が出来る点です。
また既存の住宅よりも耐震性の高いデザインにしてもらえるのも嬉しいポイントです。
注文住宅の耐震性を高める方法はいくつかあり、例えば、耐久性の高い建材を柱や壁に採用する事で、激しい地震の揺れにも耐えられます。
柔軟性と頑丈さを両立させた新素材の建材があり、支払ったコスト以上の安心感が得られるのが利点です。

次に地震の振動に強い工法で注文住宅を建てる方法があります。
地震の揺れを建物全体で緩和する構造であれば、震度の大きい自然災害に見舞われても被害を最小限にとどめられます。
建物自体を頑丈に強固に揺れに強くする対策もありますが、あえて地震に逆らわず地震の振動を受け入れる構造の方が、現代の災害に強いと考えられています。
過去に大きな被害があった地域に、注文住宅を建てる際は天災に強い建材を惜しみなく採用したり、最新の災害対策用の工法を採用する等の備えが求められます。